こういう手こそ工夫のしがいがあるというもの。。@1月5日

DORA麻雀大好きmacchiです。・。・。

 

門前で間に合うとは思えない手の時にどうするか?

手なりで行くというのも勿論正解の一つ。

しかし、他の道というのもあるのではないでしょうか??

 

例えばこういうの。

DORA麻雀000089

 

これね。東3局オーラス。

2着目。

とりあえず2着は固いけど、1着目は遠いから連荘しないといけない。

で、こんな遠い手ww

 

どうするか??

想像力を働かせると、

③筒に②④筒辺りがくっついて、ペン3sが入って、

うなうな~~ってなって聴牌!

か??

まあ、そういうこともあるでしょう。

 

僕としては、こういう手は門前で行くか?鳴きをメインにするか?

の2通りを考えます。

門前で行くならば当然の字牌落とし。

そうでないならば・・・

 

九萬対子落とし!!

 

を考えるんですね♪

まあ、牌効率を考えるならもしかしたら⑥筒で両面を増やす。

なのかもしれませんが、③筒or九萬面子になるっていう前提のもとの考えなんですよね。。

 

だから、好みとしては遅い手の時は「真ん中の方の牌をとりあえず残しておく」

ってことにしてます。

 

「とりあえず」って何だよ

 

って話は置いといてww

 

DORA麻雀000090

 

まあ、こうなって、

 

DORA麻雀000091

 

こうしくってww

 

DORA麻雀000092

 

 

こうなりました。

まあ、和了手順は無いですね。

⑥筒を切っていたとしても、最終形は①④筒にするのが普通でしょうし。

 

 

DORA麻雀の登録はこちら

 

コメントを残す