麻雀ルール&役

麻雀の基本

 

麻雀は例外はありますが、同じ牌を2枚と「3枚で1組」を4組集めれば完成です。

ここに「役」が一つでもあれば和了ることができます。

その3枚1組の集め方は2つあります。

 

 順子(シュンツ)

 

一つは「順子(シュンツ)」と呼ばれる集め方です。

これは、「順番」という意味で、

(123)や(234)等の同じ種類の牌の連続する3つのことです。

 

※注

(891)や(912)等の9から数字が1巡するものは連続に入りません。

また、①筒、二萬、③筒などの違う種類の牌の連続は1組になりません。

 

 

また、注意してほしいのは字牌では無理なんです。

(東・南・西)や(白・發・中)等の字牌の並びはいけません。

 

 

刻子(コーツ)

 

もう1つの集め方は「刻子(コーツ)」と呼ばれる集め方です。

同じ牌を3枚集めるものです。これも1組として成立します。

数牌でも字牌でも同じ扱いです。

 

麻雀の和了形

 

麻雀の「あがり=完成の形」には「3枚1組」の組み合わせが「4つ」必要です。

順子でも刻子でも、どっちでも問題ありません。

 

順子+刻子+刻子+刻子のパターン

刻子+順子+順子+順子のパターン

刻子+刻子+刻子+刻子のパターン

等ですね。

 

 

これに「雀頭(ジャントウ)」と呼ばれている、同じ牌を2枚、2枚1組の組み合わせが必要です。

完成の形には、この「雀頭(ジャントウ)」も必要不可欠です。

「雀頭(ジャントウ)」は一般的には「あたま」とか呼ばれていますよ。

数字の牌でも漢字の牌でもどっちでもいいので、とにかく同じ牌2枚が必要となります。

 

 

順子+順子+順子+順子+字牌の雀頭のパターン

順子+順子+刻子+刻子+数牌の雀頭のパターン

刻子+刻子+刻子+刻子+数牌の雀頭のパターン

等。

 

 

つまり麻雀の完成形は

「3枚1組が4つ+2枚1組の雀頭が1つ」

が基本です。例外はありますけどね。(七対子や国士無双)

 

数字が書かれた牌は

○「順子(シュンツ)」にするか

○「刻子(コーツ)」にするか

○2枚集めて「雀頭(ジャントウ・あたま)」にするか

 

この3種類の活用方法があります。

 

 

それに対して字牌は順番に集める「順子」にはできないから、3枚同じ牌を集めて

「刻子(コーツ)」にするか2枚集めて「雀頭(ジャントウ)」にするしかないんですね。

 

 

この方法で、4つのグループ(組)と1つの雀頭をつくれば完成!

この4つのグループ(組)は鳴きを使っても構いません♪

 

 

しかし、和了るためには一つ条件が必要です。

それは「役」があること!!

 

「役」については以下で説明しています。

 

  1. リーチの関連役リーチ(立直)|ツモ(自摸)|イッパツ(一発)|ダブルリーチ(ダブル立直)
  2. 平和(ピンフ)等の順子の関連役ピンフ(平和)|イーペーコー(一盃口)|リャンペーコー(二盃口)
  3. 断么九、混全帯么九など一九字牌に関連する役タンヤオ(断么九)|チャンタ(混全帯么九)|ジュンチャン(純チャン)
  4. 混老頭(ホンロウトウ)清老頭(チンロウトウ)ホンロウトウ(混老頭)|チンロウトウ(清老頭)
  5. 対々和等の刻子に関連する役トイトイ(対々和)|サンアンコウ(三暗刻)|スーアンコウ(四暗刻)
  6. 嶺上開花など槓(カン)に関連する役サンカンツ(三槓子)|スーカンツ(四槓子)|リンシャンカイホウ(嶺上開花)
  7. ファンパイなど字牌に関連した役ファンパイ(翻牌)/ヤクハイ(役牌)|ショウサンゲン(小三元)|ダイサンゲン(大三元)
    ダイスーシー(大四喜)&ショウスーシー(小四喜)|字一色(ツーイーソー)
  8. 混一色(ホンイツ)・清一色(チンイツ)など色に関連する麻雀役ホンイツ(混一色)|チンイツ(清一色)
  9. 一つの種類の牌を使った役満九蓮宝燈(チューレンポウトウ)|字一色(ツーイーソー)|緑一色(リュウイーソー)|大車輪(ダイシャリン)
  10. 色と数字に関する役サンショクドウジュン(三色同順)|サンショクドーコー(三色同刻)|イッツー(一気通貫)
  11. 七対子(チートイツ)チートイツ(七対子)
  12. 槍槓(チャンカン)等の珍しい役チャンカン(槍槓)|嶺上開花(リンシャンカイホウ)
  13. 海底摸月(ハイテイツモ)等海底牌に関する役ハイテイツモ(海底ツモ)|ホウテイロン(河底撈魚)
  14. 天和等の第一打目に関する役テンホー(天和)|チーホー(地和)|レンホー(人和)
  15. 国士無双(コクシムソウ)

 

コメントを残す