門前でも鳴いていても赤ドラ・裏ドラ・一発にご祝儀が発生するルール

DORA麻雀には存在しませんが、フリー雀荘ではご祝儀(チップ)ルールがあります。

 

麻雀ソーシャルゲームの「ハンゲーム」等でもありますね。

麻雀4

 

 

ご祝儀(チップ)ルールは、麻雀のゲーム性にプラスαの面白さを加えるためのもの

だったんですけど・・・

 

 

麻雀の順位を競うゲームから

ご祝儀(チップ)を何枚抜くのか?というご祝儀抜きゲームに変えてしまう程の

影響力を持っています。

 

 

1000点50円の麻雀ではそこまでではありませんが、

1000点100円のピンではご祝儀(チップ)は勝敗にかなり影響を与えます。

今回は、ざっくりと1000点50円の麻雀と1000点100円の麻雀に分けて

解説したいと思います。

 

 

1000点50円の麻雀

 

1000点50円(以下点5)の麻雀ではそこまで祝儀は大きくありません。

 

1000点50円(以下点5)の麻雀では

基本的にご祝儀(チップ)は一枚につき100円ですので、

(たまに200円のところもありますが)

点数に直すと2000点(一枚100円の場合)です。

 

大きくないと言ってもある程度大きいですね。

ご祝儀(チップ)はツモれば全員からもらうことができ、

出和了りのロン和了なら出和了った人からのみもらえます。

 

 

だから1枚ご祝儀対象がある時にツモれば、

通常の和了点数と他に2000点相当のお金が貰えます。

つまり3人から貰うことができますので6000点相当のお金がもらえる訳ですね。

 

点5の麻雀ではウマは5000点・10000点(所謂ゴットー)なので、

順位が4位から3位に繰り上がるより収入があるわけです。

2枚ご祝儀対象がある時に自摸れば、12000点相当の収入。

つまりは3位から2位に繰り上がるのより収入があるわけです。

 

ある程度以上ご祝儀が重要であることが分かっていただけたでしょうか?

 

まあ1枚のご祝儀対象がある時に自摸れば6000点相当のご祝儀というだけでも

分かりますよね。

6000点以上の手なんて半荘で1回和了れるか和了れないかレベルですし。。

ましてや12000点になるとそうそう和了れないですからね(^m^;)

 

今回は「門前でも鳴いていても赤ドラ・裏ドラ・一発にご祝儀が発生するルール」について

 

このルールの場合は、先の

 

門前での赤ドラの枚数・裏ドラの枚数・一発にご祝儀が発生するルール

 

一発・裏ドラにご祝儀(チップ)が発生するルール

 

と比べて鳴きがかなり多くなります。

 

1000点50円の麻雀と1000点100円の麻雀ではまた鳴き発生率が変わりますが(^_^;)

 

 

まあ、「門前での赤ドラの枚数・裏ドラの枚数・一発にご祝儀が発生するルール

 

と同様、ツモりやすい待ちにするのが基本です。

 

 

1000点50円の麻雀

 

1000点50円(以下点5)の麻雀ではそこまで祝儀は大きくありません。

 

1000点50円(以下点5)の麻雀では

基本的にご祝儀(チップ)は一枚につき100円ですので、

点数に直すと2000点です。

大きくないと言ってもある程度大きいですね。

 

ご祝儀は自摸れば全員からもらうことができ、

出和了りならその出和了った人からのみもらえます。

 

 

だから1枚ご祝儀対象がある時に自摸れば、

通常の和了点数と他に2000点相当のお金が貰えます。

 

 

つまり3人から貰うことができますので6000点相当のお金がもらえる訳ですね。

点5の麻雀ではウマは5000点・10000点(所謂ゴットー)なので、

順位が4位から3位に繰り上がるより収入があるわけです。

 

 

2枚ご祝儀対象がある時に自摸れば、12000点相当の収入。

つまりは3位から2位に繰り上がるのより収入があるわけです。

 

ある程度以上ご祝儀が重要であることが分かっていただけたでしょうか?

まあ1枚のご祝儀対象がある時に自摸れば6000点相当のご祝儀というだけでも

分かりますよね。

 

6000点以上の手なんて半荘で1回和了れるか和了れないかレベルですし。。

ましてや12000点になるとそうそう和了れないですからね(^m^;)

 

 

点5の麻雀ではそこまで大きくないと言ってもやはりある程度以上

ご祝儀(チップ)は重要になってきます。

 

 

今回のルールは「門前でも鳴いていても赤ドラ・裏ドラ・一発にご祝儀が発生するルール」です。

 

「門前でも鳴いていても赤ドラ・裏ドラ・一発にご祝儀が発生するルール」の場合、

赤ドラをツモってきた時点で和了ればご祝儀が確定する訳です。

 

必然的に赤ドラを持った時点でご祝儀が見えている訳ですから、

鳴ける牌が出てきたら鳴いてしまうのが普通の人の心理ですよね。

この当然の心理の通り、門前に重きを置く人が少ないのがこのルールの特徴です。

 

 

ドラより赤

 

ご祝儀(チップ)がある分、ドラより赤牌の方が価値が大きいので

赤とドラのどちらかを切らなければいけない状態ならばドラを切ります。

 

例えばこういう状態ですね。

 

索子(234) 筒子(③ ④ ⑤ ⑥ ⑦)  萬子(八 八 )     チー萬子(五 六 七) ドラ索子2

 

ここで赤5索を引いたら・・・当然、ドラと赤を振り替えます。

ドラをポンされる可能性はありますが、それ以上に祝儀の差が大きいと思われます。

チーされた場合はドラよりも赤の方が明らかにマイナスです。

その人に自摸和了されれば自動的にチップ1枚分マイナスですからね(^_^;)

 

因みにドラをポンされて、その人の危険牌を引いたら形によっては降りる時もあります。

この場合はあんまり降りませんが1/2の確率で当たるって牌持ってきたら降ります(^_^;)

 

1/4~5の確率で当たる危険牌を持ってきた時に降りるのは・・・

 

例えばカンチャン待ちの時とかですね。

 

こういうの

 

索子( 3 5 ) 筒子( ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑧ ) 萬子 (六 七 八) ドラ八萬

 

赤五萬を引いてきた場合とかですね。

 

まあこの場合は点棒状況とそれまでの捨て牌によっては3索切って聴牌崩しして、

三色狙い且つ萬子の多面張を狙いますが、、

ここでドラの八萬を切ってポンされた場合とかは・・・

そのドラポンの人に1/3~4で当たるって牌持ってきたら降りますが(笑)

 

 

 

またこういう時、オーラスでダントツのラス目だったとしたら・・・

他の人から出ても見逃しして積もり和了に行くのも有りだと思います。

点数で2000点。自摸和了なら2000点にプラス祝儀の2000点ずつで

計8000点相当の和了。

まあ、オーラスなら見逃して支払いの足しにするのも有りかなと(~_~;)

 

 

と言っても点5の麻雀では祝儀のことも考えますが

麻雀ではそこまでツモは多くないので点数重視で行ったほうが無難かと思います。

 

まあ祝儀対象が増えていることで先程の例の通り

オーラスでダントツのラスだったとしても

普通の麻雀だったらやることが無い訳ですが、

祝儀狙いというやることはできる訳です。

 

点5の麻雀ではご祝儀(チップ)は装飾ルールですね。

 

しかし、点10の麻雀では違います。

 

 

1000点100円の麻雀

 

1000点100円の麻雀(以下、点10)ではご祝儀の影響力が半端ないです。

赤は3枚入っているので、1局平均で0.7枚くらい赤牌がくる計算ですね♪

一発や裏ドラの不確定要素と違って、赤があればご祝儀確定な訳です。

 

当然、赤を持っている時は攻撃的に行くのは当然ですよね?

もしも2枚赤牌を持っている時なんてもう攻撃のことしか考えません笑

 

確認ですが今回のルールは

 

「門前でも鳴いていても赤ドラ・裏ドラ・一発にご祝儀が発生するルール」

 

です。

点10の場合、ご祝儀(チップ)が5000点相当なので

点5の時とご祝儀(チップ)の重要性が違います。

よりチップよりの考え方になる訳です。

 

特にこの所謂「鳴き赤チップ」のルールの場合は点数と言うより、

チップとの勝負と言っても過言ではないでしょう。

 

面子オーバー時の打牌選択

 

面子オーバーの時は赤を中心に考えましょう。

 

三色等の役が見えている場合でも・・・「そんなの関係ねえ!」ってやつです。

 

例えばこういう時ですね。

 

索子(2 3 4) 筒子(② ③ ⑥ ⑦) 萬子(三 四 六 七 八) 字牌(白 白) ドラ發

 

234の三色が見えていますが、、ここで切るべきは筒子の②③です。

何故なら赤の受け入れを最大限残したいから。

確定していない三色なぞどうでもいいのです。

 

ドラより赤

 

ドラの受け入れより赤の受け入れを重要視しましょう。

寧ろドラなんて要りません(笑)

鳴き赤チップのルールの場合要るのは赤と裏ドラだけって考えでOKです。

 

索子(234) 筒子(③ ④ ⑤ ⑥ ⑦)  萬子(八 八 )     チー萬子(五 六 七) ドラ索子2

 

ここで赤5索を引いたら・・・当然、ドラと赤を振り替えます。

先程の点5の例と同じですね♪

点5の場合はドラをポンされて、1/2で当たる牌を持ってきたら降りますが、

 

点10では降りません。(少なくとも僕は)

 

何故なら三面張というのはかなり自摸る確率が高いからです。

 

大体の計算で行くと、、配牌からある三面張をツモる確率は0.78です。

これはある3種の牌のどれかを積もってくる確率が0.78ということです。

まあ・・・途中で局が終了する場合は考えていませんが。。

 

 

チップ1枚をツモった時の収入は

5000点☓3の15000点な訳です。

1/2で当たると言っても実際は

「両面待ちだったらこれかこれ」「字牌待ちだったらこれかこれ」

とかです。警戒している相手は他の嵌張待ちとかの可能性もあり、

もしかしたら聴牌していない可能性もある訳です。

 

そう考えると、1/2の当たるな。。という時でも突っ張ってもいいのではないでしょうか?

点棒状況が関係してくる時は別ですけどね(^_^;)

 

 

索子( 3 5 ) 筒子( ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑧ ) 萬子 (六 七 八) ドラ八萬

 

この状態で赤五萬を引いてきて、ドラ切ってポンされた場合は・・・

 

少しむずかしいですね。。

 

基本的には押しますが、1/2で当たるな。。って牌を引いてきたら流石に降りますが

1/4くらいの確率と思ったら行きます(^_^;)

それくらい赤を持っている時は自分の和了を優先するべきだと考えます。

 

 

赤があれば枚数重視

 

正直赤牌が無くても同じなのですが、赤牌がある時は

 

点数度外視の和了形の最速のみを考えた牌効率で行くべきです。

そしてできれば出和了りのロン和了ではなく、

自摸和了ができそうな待ちになるようにしたいですね。

役無し聴牌で待ちが悪いカンチャンとかの場合、

自摸れそうな待ちになるまで待つとかでいいと思います。

その結果フリテンになっても問題なし。

 

チップはツモってこそ大きな収入になりますからね(^m^;)

 

こういう手も手役とかは関係ありません。

 

索子(3 4 赤5) 筒子(③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑨ ⑨) 萬子 (三 五 六) ドラ白

 

ご祝儀が無いルールなら六萬切りも有りかなと思います。

ダマでも三色同順・赤の5200点。十分な得点ですね。

しかし、今回のルールでは違います。

 

絶対に!三萬切りリーチです。ツモることが重要なのでダマという選択肢は有り得ません。

 

(流れが見える人は別です。)

 

例えドラが三萬であろうと、三萬切りリーチを打ちます。

それだけ赤がある時にツモるのは重要なんですね♪

 

では、赤が無かったら??

 

赤が無かったら手役??

 

では、赤牌が無かったら手役重視??かと言ったらそういう訳ではありません。

 

今回のルール「門前でも鳴いていても赤ドラ・裏ドラ・一発にご祝儀が発生するルール」

 

では祝儀が発生する確率が先に紹介した

 

門前での赤ドラの枚数・裏ドラの枚数・一発にご祝儀が発生するルール

一発・裏ドラにご祝儀(チップ)が発生するルール

 

と比べてかなり高いので、相手のご祝儀付きの和了を潰す必要があります。

 

先程の手

索子(3 4 赤5) 筒子(③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑨ ⑨) 萬子 (三 五 六) ドラ白

 

で索子が普通の5索だったら・・・

 

つまり

索子(3 4 5) 筒子(③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑨ ⑨) 萬子 (三 五 六) ドラ白

 

だったら、どうするか?

 

ぶっちゃけ切る牌は変わりません。

 

赤引の手替わりを待つためにダマにするか?くらいです。

基本的には三萬切りの即リーします。

裏ドラや一発を狙う訳ですね。

 

まあ、たまに流れが悪いな~~と思う時や

「今日一回も裏ドラ乗ってないよ。。」って時はダマにしますがね(^m^;)

これは僕が流れ論者だからってだけで普通はリーチでいいと思います。

 

鳴き赤ルールは鳴きが重要

 

赤のある手は当然仕掛け(鳴いて)いきます。

祝儀対象が裏ドラや一発だけでは無いので、わざわざ門前に拘るのはナンセンスなんです。

 

例えばこういう手

 

索子(赤5 7 9) 筒子(② ② ⑦ ⑧ ⑧) 萬子( 二 三 四 四 五 )

 

ここで上家から6索が出たなら100%チーです。

もし、鳴かないで8索を持ってきてしまったら赤5索を切らないといけない訳です。

最悪リーのみな訳です。勿体無い。。。
それよりもタンヤオ赤で2000点+祝儀を確実に取りに行きましょう!

 

この麻雀で赤を切るのはできる限り避けなければいけませんからね♪

鳴いてしまっては役が無くなってしまうっていう時以外は鳴くべきですよ。

特に赤絡みのカン4、カン6は確実に鳴きましょう。

両面になった場合で赤を切らないといけなくなる時ありますから(^^ゞ

 

ではその続きで、

 

筒子(② ② ⑧ ⑧) 萬子( 二 三 四 四 五 六)  チー(赤5索 6 7)

 

チーした後に萬子の六を引いてきて、タンヤオ確定に受けた訳ですね。

ここで、萬子の赤五萬を上家が切ってきたとします。

 

ではどうするか??

 

当然チーです。

 

喰い替えじゃないの??とお思いの方もいるかもしれませんが、

これは喰い替えにならないんですね。

有名な形ですが、(四 六)のカンチャンで鳴いて、二を切ればいいんです。

そしたら聴牌を崩すこと無く鳴くことができるんですね(^^ゞ

 

 

では、次にこういう形は??

 

索子( 赤5 7)萬子 (一 二 三 四 五 六 八) 筒子(② ⑤ ⑥ ⑦)  ドラ ⑨筒

 

この状態で上家から6索がでました。

 

どうする??

 

鳴きます。テッパンです。

役がないんじゃない?という疑問をお持ちの方もいるかもしれませんが、

鳴いて一萬を切ればOKです。

 

で、四萬や七萬が鳴けるなら鳴いて聴牌ってことですね。

門前で行って、この形が良形で赤を使える聴牌になる可能性は低いです。

そういう場合は鳴いて形に自由度を与えてやることが重要です。

 

 

赤絡みの愚形聴牌

 

役無し愚形聴牌はできれば良形になるまで待ちたいところ。

しかし、待ちに赤が絡んでいる時は別です。

 

例えば、

 

索子(1 1 1 赤5 7) 萬子(一 二 三) 筒子 (① ② ② ③ ④ ⑤)

 

この形の時、ご祝儀の無い麻雀ならば②筒を切って、

5索や7索を引いてきたら③⑥筒待ちでリーチ。

③ ⑥筒を引いてきたら、七索を切って、とりあえず5索単騎に受けて、

3索や2索をツモってきたら高め三色リーチ!!という懐の深い麻雀もいいでしょう。

 

しかし、今回のルールは鳴き赤チップです。

そんな悠長なことは言ってられません。

 

ここで②筒を切って、赤5索を使える手替わりは5索引きと6索引きしかありませんからね。

(③⑥筒引きは結局6索待ちになるから同じ)

 

当然①筒を切ります。

で、リーチをするか?どうかですが、、

 

ここでも有効な手替わり牌は4索しかありません。和了の枚数と同じなわけです。

それならリーチをすることで他の人を和了づらくし、

自分のツモ数を少しでも増やすようにしましょう♪

 

234の三色が完成しているところに赤5

 

聴牌速度を考えると2か赤5を切らないといけない。

しかし、2を切ると三色が崩れる。。

こんな時どうするか??

 

他に役がない場合は仕方がありません。赤5を切ります。

しかし、他に役がある(リーチをすることができる等)場合は

基本的に2です。三色を崩します。

 

赤ドラは1翻で三色は門前なら2翻じゃないか!!なんで三色を崩すんだ!!

 

っていう人がいるかもしれません。

しかし、このルールは祝儀が大きいのです。

使える赤を切ることが有り得ない。

 

赤は5000点相当

1翻変わって5000点変わることはありますが・・・

ツモれば15000点相当になります。

 

2位から1位になる可能性があるとかいう場合以外は

赤切りは避けましょう。

 

 

祝儀麻雀で見かけの華麗さは意味がありません。

 

祝儀を稼いだもん勝ちです。←ここ重要!!

 

 

コメントを残す