門前での赤ドラの枚数・裏ドラの枚数・一発にご祝儀が発生するルール

DORA麻雀には存在しませんが、ふりー麻雀ではご祝儀(チップ)というルールがあります。

 

麻雀ソーシャルゲームの「ハンゲーム」等でもありますね。

ハンゲーム

 

 

このご祝儀(チップ)は、元々麻雀にプラスαの彩りを加えるものだったんですけど・・・

 

麻雀の順位を競うゲームであるのに、

ご祝儀(チップ)を取るゲームに変えてしまう程の

影響力を持っています。

 

特に1000点100円の所謂ピンではご祝儀(チップ)はかなり大きな割合を占めています。

 

今回は、ざっくりと1000点50円の麻雀と1000点100円の麻雀に分けて

解説したいと思います。

 

 

1000点50円の麻雀

 

1000点50円(以下点5)の麻雀ではそこまで祝儀は大きくありません。

 

1000点50円(以下点5)の麻雀では

基本的にご祝儀(チップ)は一枚につき100円ですので、

点数に直すと2000点です。

 

大きくないと言ってもある程度大きいですね。

 

ご祝儀は自摸れば全員からもらうことができ、

出和了りならその出和了った人からのみもらえます。

 

 

だから1枚ご祝儀対象がある時に自摸れば、

通常の和了点数と他に2000点相当のお金が貰えます。

つまり3人から貰うことができますので6000点相当のお金がもらえる訳ですね。

 

点5の麻雀ではウマは5000点・10000点(所謂ゴットー)なので、

順位が4位から3位に繰り上がるより収入があるわけです。

 

 

2枚ご祝儀対象がある時に自摸れば、12000点相当の収入。

つまりは3位から2位に繰り上がるのより収入があるわけです。

 

ある程度以上ご祝儀が重要であることが分かっていただけたでしょうか?

まあ1枚のご祝儀対象がある時に自摸れば6000点相当のご祝儀というだけでも

分かりますよね。

 

6000点以上の手なんて半荘で1回和了れるか和了れないかレベルですし。。

ましてや12000点になるとそうそう和了れないですからね(^m^;)

 

 

点5の麻雀ではそこまで大きくないと言ってもやはりある程度以上

ご祝儀(チップ)は重要になってきます。

 

今回のルールは「門前での赤ドラの枚数・裏ドラの枚数・一発にご祝儀が発生するルール」です。

 

「門前での赤ドラの枚数・裏ドラの枚数・一発にご祝儀が発生するルール」の場合は

一発・裏ドラのみがご祝儀対象の時よりも場が多少門前志向になります。

 

まあ、当然ですよね。

赤があったら祝儀を考えてしまうのは普通のことです。

しかし、点5の麻雀ではそこまで拘るとかえって危険です。

 

拘っている人と拘っていない人では和了れる確率が違いますからね(^m^;)

 

点5の場合は祝儀の割合が言っても1枚2000点相当なので、

そこまで気にする必要はありません。

 

赤を持っていて自摸れそうな待ちの時に

ダマにして人からの直撃を狙うようなことをすると

勝ちづらいですけどね。

 

まあ祝儀対象が増えていることでオーラスでダントツのラスだったとしても

普通の麻雀だったらやることが無い訳ですが、

祝儀狙いというやることはできる訳です。

 

点5の麻雀ではご祝儀(チップ)は装飾ルールなんですね♪

 

しかし、1000点100円の麻雀では違います。

 

 

1000点100円の麻雀

 

1000点100円の麻雀(以下、点10)ではご祝儀の割合が違います。

赤は3枚入っているので、1局平均で0.7枚くらい赤牌がくる計算ですね。

一発や裏ドラとは期待値が違うわけです。

赤牌を持ってリーチしただけでご祝儀(チップ)が確定な訳ですから。

もしも2枚赤牌を持っている時で門前イーシャンテンとかなら、、

もう降りる理由がありません。

 

まあ点棒状況でダントツの1着目でラス目の親からリーチが入ったとか、

待ち牌がほぼ無いとかなら少し変わってきますが、

基本的に激プッシュでいいでしょう。

 

だって、赤牌2枚ある時点で和了れば

ダマでも出和了り3900点以上でチップ2枚、つまり13900点以上の収入が確定する訳です。

しかも赤牌を2枚持っているということは他の人は赤を持っていても1枚。

まあ0枚の可能性の方が高い。

 

普通の麻雀で跳満の手が来ていたら突っ張りますよね?

 

同じことです。こんな場合は突っ張るに決まってます。

だって、収入の少ない出和了りで13900点以上。

 

自摸和了ならご祝儀(チップ)が2枚?3人=6枚もらえる。

で、点数は4000点以上なので、34000点以上の収入になる訳です。

 

34000点って・・・役満かって話ですよ?

 

そんな収入が入るかもしれないのに降りていたら・・・話になりません。

(と言っても聴牌ができなそうな形の時は別です)

 

 

和了れそうな牌より自摸れそうな牌

 

6巡目ご祝儀(チップ)対象を持っていて門前で聴牌しました。

自分の捨て牌には⑤筒⑥筒とあって、全体的に筒子は安そうな場です。

⑧筒単騎で聴牌しました。形はこんなの

 

一萬二萬三萬赤五萬六萬七萬3索3索3索9索9索9索⑧筒

 

確かにリーチしたら釣れる待ちです。

しかし、自摸れる待ちとは言い難いですよね。

状況によってはこの形でリーチすることも・・・(ほとんど無いけど)

ありますが、これはダマで手替わり待ちです。

萬子にくっついてのノベタンか?索子の暗刻にくっついての変則待ちか?

になるまで永遠ダマリ続けます。

 

ダマのまま自摸ったら自摸ったでOK。1枚オールもらえますからね(^_^;)

 

とりあえず赤がある時は出る待ちだからリーチ!ではなく、

自摸れる待ちが最終形です。

 

確かに出和了りのロンは気持ちいいですが、収入のことを考えると

自摸和了がご祝儀麻雀では最強ですので気をつけて下さい。

 

 

赤牌を持っている時の役有り聴牌

 

赤牌を持っている時に役有り聴牌をしました。

待ちは良形で手替わりはありません。得点は2000点です。

どうするか??

 

鉄板でリーチです。

 

元々2000点の手は鉄板でリーチですね。

赤が無くても有っても同じ結論です。

 

リーチしたら3900点。裏が一枚乗ったら満貫ですからね。

得点の上でも倍になりますし、上手くいって裏がのったら

結構四人麻雀では大きな手の満貫になる訳です。

そして、チップがある。

 

基本的にこのルールでご祝儀(チップ)が確定している時はリーチです。

たまに十分な収入と言ってダマにする人はいますが、

自摸る確率を少しでも上げるために、

つまりは他の人を降ろしてツモリ切るために

 

リーチ!

 

これは鉄板だと思います。

 

役無しカンチャン赤1枚の時

 

これは場合によりけりですね。

私の基準としては、待ちの手替わりの枚数が和了の枚数より倍以上多ければダマ。

少ない若しくは同等の場合はリーチです。

 

例えば、

 

待ちの形が(1 3)や(2 4)ならばリーチ。

 

(3 5)(4 6)(5 7)ならばダマです。

(1 3)や(2 4)ならば4引きで両面、5引きで両面ですが、

和了り牌を引く確率と変わらないですからね。

ただ、他の形が連続形とかならダマにしていることもあります。

 

例えば・・・

 

2索3索4索赤5索6索7索 ①筒③筒 七萬八萬九萬 白 白

 

という形ならとりあえずダマにします。

索子を引いた時に形の良い一向聴に戻せますからね。

あと、筒子の縦引きをした時にもリーチできる訳ですし。

 

 

こういった自摸れる形(シャボの手替わりはそういう訳ではありませんが)

に変えてツモリに行くことが重要です。ご祝儀の収入が3倍違いますからね(^m^;)

仮に手替わり待ちの時に和了牌が出ても落ち込む必要はありません。

 

ご祝儀対象がある時はツモってなんぼ!!

余裕のスルーで問題なしです。

ただ、、リーチをしている時にスルーは危険ですけどね(^_^;)

 

相手の反撃に無防備になってしまいますから。

 

平和・赤3

 

たま~~~に赤が3枚手の内にあって、平和赤3とか聴牌することがあります。

こういう時どうするか?

確かに満貫確定で和了ればトップに一歩近づきます。

 

しかし、、満貫の3枚の出和了りは8000点の+15000点相当の収入で

計23000点相当の収入。

 

自摸和了を狙ってリーチしての自摸和了ならば

12000点の15000点?3 相当の収入で

計57000点

 

2.5倍くらい違う訳です。

 

3枚のご祝儀を自摸和了すれば、一回トップ取ったのと同じなんです。

意見が別れるところですが、私はこれは鉄板リーチだと思います。

 

実際、私はこのルールの雀荘に通っていますが、

月トータルで負けたことはほとんどありません。。

 

三色の手替わりを待つか?

 

先ほどまでの流れでお分かりかと思いますが、

赤有りの手で両面なら100%手替わり待たずにリーチ!曲げます。

 

しかし、赤無しの一手替わり三色はどうするのか??

これは迷いどころですね。

一手替わりで確定三色なら待ってもいいと思います。

 

しかし、一手替わりで高め三色なら待つ価値は無いと思います。

まあ・・・それまでに和了る確率に比べてどんだけ三色で和了る確率低いねん!!

 

ってことです。

 

門前での赤ドラがご祝儀というルールは基本リーチです。

 

 

では赤を持っていたら全部門前で行くの?

 

そういう訳ではありません。

配牌を見て、、「この手は門前では聴牌しない!」と

分かるような時ってありますよね?

 

僕としては最低6巡目までに鳴きで行くか?門前で行くか?

を決めて打っています。

 

赤を持っているからと言って鳴くべき手を鳴かないで

他の人に和了られてしまっては元も子もないですからね(^^ゞ

 

 

つまりは・・・自分の状況、他家の状況、場の状況

全てに対応して考えなければならないということです。

 

「ご祝儀と点棒両方を見据えた打牌」両方を見据えた打ち方を身につけましょう。

 

 

 

因みに・・・赤有り両面は100%リーチと書きましたが、、

実際は100%は言い過ぎです。。多分90%くらいでしょう。

 

流れ論者のため、自摸れる流れ!自摸れない流れ!とか勝手に決めて

自摸れる流れの時はリーチ。

 

自摸れない流れと思っている時は相手を縛るためにリーチで、

たまに変化をつけてダマにしています(^_^;)

 

 

いつもリーチしてたらリーチしていない時に警戒してもらえないですからね(*_*;

そういった気遣い?も必要ですのであしからず笑

 

 

コメントを残す